クラウドに影響を与えるサーバーの技術

サーバー開発テストにクラウドを利用する

クラウドに影響を与えるサーバーの技術 クライアント/サーバー形式のシステムの場合、サーバーの動作試験は慎重に、そして多岐に渡るテスト項目を消化しなければなりません。またどんなサーバーの上でも動かなければならないサービス、プロセス、ソフトウェアを開発している場合は、複数のサーバー環境が必要となります。そういうとき、従来はテストを行う場所を用意し、そこに複数のテスト環境を用意していました。私が勤務していた企業ではテスト専用のフロアがあったくらいです。でもこれは、サーバーをクラウド化することでがらっと環境を変えることができます。仮想サーバーを立てることで、一台のサーバーを複数の環境に見せかけることができます。さらにその仮想サーバをクラウド化すれば、テスト環境のある場所にいちいち足を運ばなくても、遠方から操作することが可能になります。
かつて大規模システムのテストのためには、多くの機械をぞろぞろ並べ、フロア代、電気代、サーバーや機器のレンタル代に多くのコストが消えていきました。もちろんテスト環境へ足を運ぶ人間の人件費もかかります。サーバーばクラウド化されれば、そのコストは縮小することができます。また、サーバーを自社で用意せず、借り受けることにすれば、使用したぶんだけの料金で済むこともあり、更なるコストカットに踏み切れるでしょう。それにより開発に時間と浮いたコストを投資することができますから、より良いシステムが構築できる可能性がぐっと増大することになります。
Copyright (C)2023クラウドに影響を与えるサーバーの技術.All rights reserved.